FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手とサポーターの24時間(後半編)

スタート後たくさんのランナーが走っていたコース上も
6時間の部、50kmの部、12時間の部と競技が終了すると残るは24時間のランナーのみ。

ペースは1周10分に落ちてきました。
疲れた体に追い討ちをかけるようにポツポツ降り出した雨が
周回ごとに強くなりやがて土砂降りに。
これはたまらん!とカッパを購入してもらいました。

やがて雨も止みペースが落ちてきた私をみて
「もうええんちゃう、スパルタがあるんだから無理することはない」とサポーターの言葉。
大丈夫!(まだ何時間も残っている、こんなんで止めたくない)
しかしやがて、左足股関節と右足すねの外側の痛みが出てきました。
思い切ってエイドでしばらく休んでみることにしました。

真夜中のエイドは周回を重ね疲れたランナーと励ますサポーターで壮絶な戦いが繰り広げられています。
ひとり取り残された感に心が弱音を吐きそうでした。
(もう止めようか)
(でもここで止めたら悔いが残る、ここでがんばったらスパルタもがんばれる)
30分も休んだでしょうか、残りの時間は4時間(たぶん)。
「歩いてみるわ」と言ってエイドを出発。

歩いてみると痛みはありません。ゆっくり走り出すと痛みはありません。
これなら最後まで走れそう、目標の200kmクリアできそうです。
200kmまで周回数を確認すると(何週だったかわすれました)、元気がでてきました。
復活!です。(ウルトラマラソンではこういうことがよくある)

やがて夜があけ、トップランナーもペースダウンしている中、
ひとり楽しそうに走っていたみたいです。
30分残して200km突破!、後は無理せず歩きました。
そして13日午前9時競技終了。
153周と649m、合計203.527km

終わった終わった、やったー!
サポーターに感謝し、選手同士健闘をたたえあい、スタッフにお礼を言って
長かった24時間からようやく開放されました。

いやいやまだまだ、片付けが待ってるよ。フー!
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://osakabbcc.blog99.fc2.com/tb.php/24-493ff3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

松田嘉子

Author:松田嘉子
ホームページを更新しました。
松田嘉子の「そこまで走って
委員会」2014!
今年も「スパルタスロン」走
りますので応援して下さい!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スパルタスロン (326)

日本ブログ村

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。