FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009スパルタスロン(事件編)

スパルタスロンに参加する日本人は年々増えて今は80名に限定されています。
去年から日本人のみホテルが別になりました。
本部のホテルは、ロンドンホテル。
日本人ホテルは、SEA VIEW GLIFADA(ロンドンホテルから2km)

25日朝、スタート地点へバスで送ってもらいますが、
スパルタで必要な荷物はバスに預けることができ、いらない荷物はホテルで預かってくれるはずでした。
ところが、ホテルの人はそんなこと聞いていないときた。
すったもんだの挙句、バスの運転手がみんな乗せろっていうので、重たいスーツケースを乗せてバスはようやく出発。ロンドンホテルなら間違いなく預かってくれたのに…。

まあ、無事スタートできてよかったですが、昨日聞いた天気予報雨に備えてナイロン袋を加工して作ったカッパを持参。雨を待った。
ところが、夜が明けるにつれて雲が切れて空は快晴。気温もグングン上がっていきます。
結局1日目は雨は降らず、降りだしたのは2日目の朝でした。天気はどうにもなりませんわ。

だんだん暗くなってきた山道で野犬が数匹吠えていました。いやだなあと思いながら走っていたらその内1匹が道路にでてきて追いかけてきたのです。前後には選手はいません。こんなとこで噛まれたらどうする!と思ったら強くなれるのですね。振り向いて「コラー!」って大声だしたら逃げていきました。日本語通じたか?やれやれ。それにしても怖かったですう。

夜の難所、1100mのサンガスの山越え。
山のふもとまで続くだらだらの坂で抜いたり抜かれたりする男性選手がいました。
ヘッドライトの電池切れのようで、私のライトが明るいのでついてくるようです。
その人山の登りは速かったのですが、下りは遅く私が追いついたので、また一緒に走りました。
そして突然その人嘔吐しまって、立ち止まってしまいました。
「Are You OK?」って聞いたら「OK」って言いながらゲロゲロやってました。
ごめんなさい、OKならお世話するほど親しくないし、エイドも近いし、お先にいきますよって
ほってきてしまいました。悪かったかしら。

今年は道を間違えることもなく、自分のペースで走ることができたのでよかったのですが、
話し相手には恵まれませんでした。
カメラを持って走っていたので、エイドの様子や、途中の景色を撮っていましたが、やはり200kmを過ぎると余裕がなくて写真撮ってません。最後まで余裕でカメラ手にしてたいですね。

大きなアクシデントもなくゴールできたのは幸いです。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

> 話相手には恵まれませんでした

疲れるとほとんど口が聞けませんでしたが、少しは役に立ったのかなぁ。
もう一度、一緒に走りたいですね。

昨年ご同行の方、まだ日本にいらっしゃいますか?

そうあまりしゃべってはくれませんでしたが、心強かったです。
犬に吠えられても怖くなかったはず。

いつでもお供しますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://osakabbcc.blog99.fc2.com/tb.php/39-2aa7f13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

松田嘉子

Author:松田嘉子
ホームページを更新しました。
松田嘉子の「そこまで走って
委員会」2014!
今年も「スパルタスロン」走
りますので応援して下さい!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スパルタスロン (326)

日本ブログ村

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。